« 冷装 | トップページ | 風と光の舞 »

2009年2月12日 (木)

蓼科山を眺めて

朝の蓼科山です

Imgp0084

朝の光がちょっと見える 方角

    Imgp0069

夕暮れになると 夕日が当たる 蓼科山なのです

Imgp0046

   夕日が沈んでいきました。

     Imgp0044

この眺めが大好きで 蓼科にまた行きたくなります

|

« 冷装 | トップページ | 風と光の舞 »

蓼科」カテゴリの記事

コメント

おはようございまぁす
蓼科の眺めもいいね~
特に2枚目の山の上だけオレンジでそこに木のシルエット
ず~っと見ていても飽きない感じです~
今日はまたよろしくお願いしまぁす

投稿: miko | 2009年2月13日 (金) 07:14

蓼科、ずんぐり丸っこくてかわいいですね!この間、
nhkの日本の名峰でああ〜これがピンパンさんの好きな
蓼科かと分かりました(笑)。

夕陽をあびた姿がなんとも優しくていいですね!山って
見てるだけで心がすぅーとしていくようで凄いです。
私も色々行ってみたい!

さて今日は北海道ツアーと教室の講評会ダブルヘッダーです!
北海道はろくなのがなく(^^ゞ 正味出せるのは20枚
くらいですが水ましです(笑) 先生の写真を見れるほうが
楽しみかな〜。散ってきます^^;

投稿: みぞん | 2009年2月13日 (金) 07:55

2枚目の様な写真が好きです!
やっぱり、例の「はだかの木」が好きですねぇ~♪
蓼科も、何回行っても良いって事がわかりますね。

投稿: ぶりん | 2009年2月13日 (金) 08:38

空気が澄んでいるようですね~
北海道の空も負けそうなくらい、素晴らしい
ブルーですね・・・♪

蓼科って長野県でしたか?

投稿: 北の旅人 | 2009年2月13日 (金) 19:25

MIKOさんへ>
ちょうど天気も良くて 朝日夕日が見えるのは
中々珍しいのでしょうが、蓼科は結構
晴れている時が多くっていいですよ~~♪
昨日はお互いに先生にはいつもより
誉められて良かったですね
また 頑張って色々と撮りに行きたいです

投稿: ピンパン | 2009年2月14日 (土) 11:24

みぞんさんへ>
蓼科山って まん丸の感じで面白いですよ。
長野は北アルプスの山並から 中央、南と
高い山々に囲まれて 良い所ですよね。
蓼科高原はこの蓼科山の下あたりに広がり
どんな季節に行っても 気持ちがす~っとなって
また 行きたくなるんですね

北海道、裏磐梯と結構厳しいツアーが続いて
先生も大変だったと思いますが、絶対に
弱音を言わないのが ほんと素晴らしいと
いつも感心しています。
今年は異様な天候ですね。 今日の暖かさに
ビビッていますよ

投稿: ピンパン | 2009年2月14日 (土) 11:31

ぶりんさんへ>
あ~~そういえばぶりんさんの大好きな
裸の木々ですね。
遠くに太陽の光がうっすらを出ていると
ほんと綺麗です
蓼科は 一度この魅力を感じたら病みつきになって
また行きたくなってしまいます。
こうやって写真を見直していながらもまた
行きたくなっている私なんですがいつかぶりんさんを
連れて行ってあげたいな

投稿: ピンパン | 2009年2月14日 (土) 11:34

北の旅人さんへ>
蓼科高原は長野県なんですよ。
松本より東京寄りで 諏訪湖からも
近く、清里(山梨県?)よりちょっと
西寄りです
東京から車で2時間半くらいで行けるのが
いいですね
約10年くらい前にちょっとしたきっかけで
訪れるようになってから もう毎年
通っていますよ。
気温とか北海道に似た所があるのかもしれません。

投稿: ピンパン | 2009年2月14日 (土) 11:39

今日放送された「写真家たちの日本紀行」は、
ピラタスロープウェイ~坪庭、女神湖、美ヶ原と
ピンパンさんの鉄板でしたね!

霧氷の美しさに見とれました。しかしもの凄く
歩いてましたね!山の中、雪の中をよくあれだけ
歩けるものだと感心しました。さすがネイチャー!

窓ガラスの霜華もやってましたね!息を吹きかける
これまた凄い技でした!やっぱり毎年行かないと!!(笑)

投稿: みぞん | 2009年2月15日 (日) 00:07

みぞんさんへ>
見ました!見ました!!
私も録画予約して 夜に一気に見ましたが
知っている場所と言うか 最近自分で
足を運んだ場所ばかりで ちょっと興奮して
見ていましたよ!
坪庭は私の二日目に行った方向を撮っていました。
私が講評でちょっと誉められた 木も写って
いたよ
もう少しあるくと 開けた場所もあるんだと
あの時は時間がなくて 午前中だけだったけど
来年?次回大寒波が来た時は絶対 坪庭で
一日夕景まで撮っていたいと思いました
私の帰り際に ロープーウェイのおじさんが
最近来たカメラマンで 熱心に撮り過ぎて
指が凍傷になりかけた人がいたといっていましたので
かなり寒いと思いますけど・・・・
窓ガラスの霜華も 一回だけではなかなかですね。
テレビ番組のディレクターのエピソードノートを
読んでみてまた 霜華の苦労が偲ばれました。
雪の撮影ってほんと危険と隣り合わせなので
気をつけないとです

投稿: ピンパン | 2009年2月15日 (日) 10:04

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 冷装 | トップページ | 風と光の舞 »