« 紅葉巡り旅ー金剛輪寺へ | トップページ | 長浜ぶらりぶらり »

2008年11月30日 (日)

紅葉巡り旅ー永願寺へ

湖東三山のお寺より 更に車で20~30分 東へ行くと そこに 永願寺があります。

到着は8時を過ぎてしまい、車がぞくぞくとやってきました!

お寺に一番近い駐車場が 一杯になる直前でした  皆早いですね

さて駐車場から 永願寺までは かなり沢山の階段を登っていきます。 

主人には9時出発 と釘を刺されたので 写真も勢い急ぎ足になってしまいました

さて 最初に出会ったのは こんなお地蔵さん 鶴瓶師匠に似てないですか?

              Imgp8594

沢山の階段を上り フーフーと息が上がる頃 永願寺門 (総門)に到着です。

Imgp8601

中に入るとまた 目の前に紅葉が

          Imgp8606

境内に入ると次に 山門が控えていました

     Imgp8607

R0014750

 と ここまでは のんびりと あちこち写真を撮りながら登ってきたのですが!

時間を見るともう 8時半でした。 おお 9時までに車に戻らないといけないので

更に早歩きで上に! 本殿の写真だけ 撮ってきました。

R00147611

このあたりの写真はさっさと上に登って 人が来る前に主人が撮ったものです。↓

Img_0540

          Img_0538

私はさ~っと本殿を拝んで 帰路へ

    R0014752

この↑の参道左から見下ろすと川が流れています。

Imgp8624

永願寺を出て 急ぎホテルに向かい どうにか9時40分に無事到着

和食膳の 朝食が最高に美味しかったです。 朝からかなり運動しました。

|

« 紅葉巡り旅ー金剛輪寺へ | トップページ | 長浜ぶらりぶらり »

「旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

おはようございます
また一段と彩り鮮やかですね~
京都はやはり行くべきですね
メガネのお地蔵様初めて見ました
とても可愛らしい~☆

投稿: miko | 2008年12月 1日 (月) 06:57

>鶴瓶師匠に似てないですか?
似てる!にてる!
こんなユーモラスなお地蔵様、初めて見ました
楽しいねぇ~
黄色の中に赤や緑が混ざっていて、華やかな雰囲気になりますね。
ピンパンさんがカメラをもって、チョコマカ動き回ってるのが手に取るようにわかります

投稿: ぶりん | 2008年12月 1日 (月) 08:25

ふふ、ピンパン号はどこでも大活躍ですね!

2枚目の総門の写真、屋根に降り積もった紅葉が
いい感じですね。背景の今が旬の紅葉と屋根に
積もった落葉、物語性を感じます。

4枚目も彩り豊かな紅葉と背景のモノトーンの
建物との対比が妙ですね。

私も京都で人がいない時の凛とした紅葉の美しさを
撮ってみたいですね~。その為にはお寺の人と
顔見知りになって。。。定年後ですかね(笑)

投稿: みぞん | 2008年12月 1日 (月) 08:34

永源寺、2年前に行きました~懐かしいです~
参道のもみじのトンネルは綺麗ですよね~
イロハもみじが有名で、7つに分かれた葉っぱが真っ赤身紅葉すると見事ですね~
あ~~また行きたくなってきた~

投稿: いちご | 2008年12月 1日 (月) 09:54

二枚目、サイコーですね・・・・

人物がジャマと仰る考えも有りますが
この場合は、この赤い服のオバサン(?)
が入る事で、写真に臨場感が出て、スケールの
大きな物語性のある写真になってる?

またまた、素人が生意気な事を言ってゴメン!

投稿: 北の旅人 | 2008年12月 1日 (月) 20:31

北旅さんのコメントに言及してるわけではないですが、
「人をいれない」「人工物をいれない」という言葉に反
応される方がたまにいます。なぜなんでしょう?

よく聞く意見は「表現の幅を狭める」「もっと広い心で
ありのまま(人や物も含めて)撮ろう」等。???

私は純粋なネイチャー志向ですが、絶対に人や物をいれ
て撮らないと思ったことは一度もないですし、人や物が
入った写真は風景写真ではないから見ない、なんて事も
ないです。

自分の表現したいイメージがたまたま自然の中にあるか
ら、それを写真という枠に収めて伝えたいだけで、イメ
ージがあえば人や物を入れることに迷いはありません。

なので「風景写真はこう!」というのはどちらの意見も
ナンセンスで、ようは撮影者が何を表現したかったのか、
次第だと思います。もちろん撮影者の独りよがりは話に
なりませんが。

ただ写真はなんでも被写体になりえるので、雑誌やコン
テストなんかはどうしてもある程度のジャンル分けが必
要になります。スナップ、風景写真、スポーツ、ポート
レイト等々。その線引きはなかなか微妙な部分もあるの
で、どうしても冒頭のような意見もでてきます。

でも撮影者はそんなことに振り回されたくはないですよ
ね。楽しんで撮ること、それが一番だと思います。

投稿: みぞん | 2008年12月 1日 (月) 22:50

MIKOさんへ>
こんばんは~~~♪
ふふ・・ここは京都ではないけど そんな風に
見えちゃうでしょう~~
でも 紅葉も綺麗でもうこのお寺で大満足でした。
関西の紅葉もいいね☆ お地蔵様も関西風見ね

投稿: ピンパン | 2008年12月 1日 (月) 22:54

ぶりんさんへ>
このお地蔵様を発見したのは主人なんです!
結構 可愛いキノコとか 面白いのを
見つけるのが上手いんですよ
私は写真を撮ろうと頑張っている割には
ありふれた景色ばかり見ちゃっているみたい
でも ここの紅葉が綺麗で何処をどうやって
撮っても 楽しくてしかたなかったです
大変な階段もなんのその!! 三脚も
頑張って持っていったんです
楽しく写真を撮っているとつい時間わすれちゃうのが
困り者ですね

投稿: ピンパン | 2008年12月 1日 (月) 22:58

みぞんさんへ>
おぉ 今見たらまた 長いコメントありがとう
ございます。
そうそう 楽しく写真を撮っている時が
時間を忘れてのめりこんでいますね。
二枚目も やっぱり 人を入れずに撮りたかったの
ですが 次々と観光客がやってくるし ええい
こうなったら ちょっとでも 門の中の
紅葉が綺麗に見える瞬間を 捉えないとと
頑張ってここでかなりねばりました!!
おかげで ここだけで時間かかっちゃいましたけど。
でも そうやって 三脚につけたカメラの
ファインダーを覗いているときって
楽しくないですか!!
私はすごく ワクワクします
人を入れないように 門の屋根と紅葉を撮った
写真もあるのですが それも好きなんです。
でも ブログでは このお寺を是非紹介して
おきたいのと お寺の様子を知りたいだろう
人もあるだろうと 全体の写真にしたんです。
どんな風にとっても写真は大好き。
そして こうやって写真からいろんなところを
紹介するのも だ~~いすきなんです

投稿: ピンパン | 2008年12月 1日 (月) 23:07

いちごさんへ>
こんばんは~~♪ 来てくださってありがとう
ございます。
琵琶湖にはよくいかれるんですよね。
今回二回目だったけど 夕日が綺麗で
好きになりそうです。 また行きたいです
で ええ!! 全然知りませんでした<イロハもみじが有名で、7つに分かれた
葉っぱが真っ赤身紅葉すると見事ですね~>

写真に夢中で 色々な説明も読まず 総門と
山門の写真で一時間くらい経ってしまったかも!
7つに分かれた葉っぱ見たかったです
来年また リベンジで来ようかな~~!
主人は敦賀のほうまで行ってカニが食べたかったと
今でも言っているんです

投稿: ピンパン | 2008年12月 1日 (月) 23:18

北の旅人さんへ>
こんばんは~~♪
二枚目の 赤い服のおばさん!! え!よく見たら
ほんと 赤い服
ちょっと紅葉の一部みたいでしょう~~!!
ワンポイント赤でした
って 今まで全然気にならなかったくらい
気がついてなかったです。
あ~~ やっぱり目が悪いのか 感覚が
鈍いのか・・・
でも 物語性を考えると楽しくなります。
きっとこの赤い服のおばさんは紅葉に紛れて
しまいたいんです!! なんか帽子まで
赤いのがサスペンスドラマの主人公みたいかな
写真って思いがけないものが撮れたり 楽しいですね

投稿: ピンパン | 2008年12月 1日 (月) 23:27

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 紅葉巡り旅ー金剛輪寺へ | トップページ | 長浜ぶらりぶらり »