« 憧れの2034へ-バスに乗って | トップページ | 憧れの2034へー星に願いを »

2008年3月 5日 (水)

憧れの2034へー夕日よ出て♪

霧が晴れないかな~と待っていると 突然晴れて 山の景色がパ~ット見え出したので

慌てて カメラを構えると あれ?? もうまた霧が~~ というくらい早いスピードで

霧が動きます!

二回目で やっと一瞬に見えた夕日です~~

Dsc_3394

それからは霧があたりを包んでしまったり、突然晴れたりとめまぐるしく変わります。

        Dsc_3439

      Dsc_3445

      Dsc_3408

そのうち 私の周りは 夕日を撮ろうと カメラを構えた人でいっぱいになりました!

隣はさっきバスで一緒だった大判カメラ協会の人らしく カメラがちょっと違いました

そんな上手そうな人に混じって へたっぴの私はちょっと恥ずかしく

おまけに みんなちゃんとカメラも防寒しているけど 私のカメラちゃんは

まるで 裸同然 ちょっと恥ずかしくなってしまいます。

霧が出たり晴れたりしながらも ついに夕日が落ちてしまいました。

       Dsc_3448

もうそろそろ ホテルに帰ろうかな~と思っていると 隣の人たちの会話が聞こえました。

A: 「去年はこれからまた霧が晴れたんだよね!」

B: 「そうそう 今年もまた晴れるかな?」と 

言っていたので 私も寒かったけど我慢して また霧が晴れるのを待っていると

今度は 遠くには槍ヶ岳や 雲海もチラッと見えたりしました

Dsc_3462

  これで嬉しくなって寒さも飛んで 霧の中 じ~っと我慢していると

こんどは下の方に 松本市内の灯りも見えてきました。

Dsc_3475   

    こんなことで 写真に夢中になっていると あたりはドンドン暗くなり

       Dsc_3497

ふと 気がついて後を振り向くと 周りに沢山いた人が誰もいなくて 私一人だけでした

もう 急に寂しくなって カメラを片付けてホテルに戻ったのですが

近くてもちょっとドキドキものです。

ホテルの玄関を見たときは嬉しかった~~~

       Dsc_3508

玄関前にある木の霧氷が 綺麗でした。

      Dsc_3512

|

« 憧れの2034へ-バスに乗って | トップページ | 憧れの2034へー星に願いを »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

いや~夕日に染まる山肌!絶景ですね~!!2枚目の柔らかな色合いに魅了されました。またにぶ~く光る太陽が素敵ですね。私冬のにぶい太陽が大好きです。そしてホテル前の写真、露出がいいですね~。すごく綺麗で癒されます。ホテルのパンフに使えるのではと思うほど綺麗!。これはきっとピンパンさんが帰ってこれてほっとした感情が写しこまれてるからなんでしょうね。

投稿: みぞん | 2008年3月 5日 (水) 06:36

北海道も顔負けの大自然の光景ですね
これだけの作品をGETできれば、大満足ですね。
わざわざ出かけた甲斐がありましたね・・・
一仕事終えた、このあとの入浴は最高の気分だったのでは?・・・(ニッコリ)

投稿: 北の旅人 | 2008年3月 5日 (水) 09:00

わぁぁぁー!すごい迫力ですねぇ~
こんな、頂上にホテルがあるなんて・・・
ピンパンさんが、目を輝かせて色んな事を話してたのが此処なんですね
しかし、すごく険しいところですね。
こんな、雄大な美しい雪山をPcの前で見られて、最高です
10枚目の写真、とっても綺麗に撮れてますね

投稿: ぶりん | 2008年3月 5日 (水) 10:15

よく寒さの中、頑張ったね~
お陰でこちらはヌクヌクの部屋で雪山を見させて
もらえます!ありがとう~~
雪山の夕陽は昔のスキー思い出すね?
赤い夕陽が西にしずんでゆく~~♪って歌いながら
民宿に滑って帰ったね~
きっと覚えてはいないでしょうが。。((爆))
またホテルの玄関が優しく出迎えてくれたのを
物語っていますね
ピンパンさんの心細さがホッとした気持ちに変わったのが
よくわかりますよ

投稿: vanigon | 2008年3月 5日 (水) 16:30

みぞんさんへ>
2枚目の写真 お褒めに預かりありがとうございます。
寒い中頑張って粘った甲斐がありましたよ
でも 本当は太陽の向こうに山並みもあるのですが
太陽がまぶしくて 写らないので 先生に教えて
もらった 半分がフィルターになったガラスを
使ったけど やっぱり しっかり線がでてしまい
難しいです! 
先生はやっぱり 当たり前だけどスゴ技をもっています。

投稿: ピンパン | 2008年3月 5日 (水) 21:06

北の旅人さんへ>
北海道の自然の大地も雄大ですが ここは
天気がいいと 日本アルプスが全部見えて
びっくりです
もちろん 富士山も見えました。
お風呂は温泉では ないですが とても
広くって 気持ちがいいのですよ
ただ 写真に没頭していたので 日中に
入れなかったから展望風呂なのに 真っ暗な
景色しか 見れなかったのが残念

投稿: ピンパン | 2008年3月 5日 (水) 21:11

ぶりんさんへ>
そういえば ここへ行く前日に一緒に新宿に
写真展を見に行っていたんだよね。
その時 明日行くよ~といっぱい話したね
思っていた通りの素敵なホテルでした。
ここなら 三脚を持って歩くのもそんなに
歩かなくていいし楽なんですね。
10枚目の霧氷の木ですが 次の日には
霧氷が溶けてなくなっていたのが残念でしたよ

投稿: ピンパン | 2008年3月 5日 (水) 21:15

vanigonさんへ>
あの頃は~~♪ 夕方暗くなるまで 滑って
いたよね~~☆
リフトがもう最後ですよと 言われてええ!
もっと滑りたいよ~と 夕日の中 宿舎に
帰ったかも~☆ はっきりとではないけど
ぼんやり覚えているかも(笑)

この時は 焦ってホテルに戻ったときに
ホテルの入り口があまりに綺麗だったので
急いで撮ったんですね。
この美しい景色を見ているのが私たった一人って
いうのが もったいないくらいでした!
夕暮れも頑張ったけど 朝もまたまたドタバタと
頑張ったので 明日もまたヌクヌクと見てね

投稿: ピンパン | 2008年3月 5日 (水) 21:21

山の天気って本当にあっという間に霧や雲がでたかとおもうと5分くらいで日が出てきたり、今のこの瞬間は、もう、2度とないんだって時間って動いているんだ、大地、地球、宇宙の動きの中にいるんだなあって感じますよね。
みなさん、カメラの洋服(笑)着せてますよね。
はじめは、びっくりしたでしょう。

投稿: チョコたん | 2008年3月 8日 (土) 00:59

チョコたんさんへ>
こんにちは~~♪ 本当に山の天気はコロコロと
変わり めまぐるしいですね。
次にどんなドラマを見せてくれるか!って
ドキドキしながら 待っている時って楽しいです
また このまま霧が深くなっても翌日の
事を想像しただけでも 夢が膨らみますね
カメラの洋服 ちょっとびっくりでした。
大体は大判カメラの人だったような
私は部屋に入るときの温度差が
いけないのでそればっかり気にしていたんですよ。 でも 
それも結構フクロやらカバーやら用意したりで
大変でした。
でも 絶対来年も ここに行きそうです!

投稿: ピンパン | 2008年3月 8日 (土) 09:10

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 憧れの2034へ-バスに乗って | トップページ | 憧れの2034へー星に願いを »