« 2008年2月 | トップページ | 2008年4月 »

2008年3月31日 (月)

目黒川から桜便り

Dsc_5147

         Dsc_5212_3   

   

Dsc_5299

Dsc_5296

| | コメント (8)

2008年3月27日 (木)

寒桜に酔いしれて

Dsc_4771

3月15日の新宿御苑です。 寒桜がここだけ満開で沢山の人が酔いしれていました。

Dsc_4873

           

             Dsc_4821

よく見ると もう終わりかけなのでしょうか?

沢山の花びらが散っていました。 地面の上もとても散り桜で綺麗でしたcherryblossom

Dsc_4777

       Dsc_4778

池の側にある 桜は「シュゼンジサクラ」ですがやはり一本満開でした。

隣のおじさんが 中々どいてくれず しかたなく一緒に撮った写真ですが

遠くにビルも見えて新宿御苑らしいでしょう!

       Dsc_4876  

| | コメント (19)

2008年3月25日 (火)

散り染めし

Dsc_47331

  Dsc_47591

      Dsc_4726

これも 梅林の中でした。

梅が散って さ~これからは桜の出番ですねnote

お知らせ: 今日(25日)の15:00から明日(26日)の午前11:00まで ココログの

メインテナンスの為 コメントを書くことと記事の更新ができなくなります。

| | コメント (8)

2008年3月24日 (月)

梅林幻影

Dsc_49192

Dsc_49211

     

    

昨夜に突然桜の写真をアップしましたが また梅の続きです。

夕暮れに散り始めた梅が ちょっと不思議空間に見えました。

   

| | コメント (8)

2008年3月23日 (日)

渋谷界隈 桜見所案内-2

渋谷の桜というと ここは外せません。  渋谷駅から徒歩3分 金王神社境内の

天然記念物の 「金王桜」です。 源頼朝の家来だった金王丸由来の桜だそうです。

まだまだ1分咲きくらいでした。

Dsc_5062

桜も一緒にお祈りしているようでしょう~! この方は私が写真を撮り始めてから

撮り終わってもず~っと 祈っていました。

       Dsc_5030

Dsc_5017

そして 最後は たまたま午後に主人の車で通りかかった目黒川沿いです。

家から自転車なら 10分くらいですね。 今回は車で駐車できず、

一時停止しているうちにさ~っと撮ったので露出が白くなっても

撮りなおしができませんでしたが まだまだ桜はこれからです。 

今週末あたりには 満開になりそうなので 再チャレンジしたいです。

ぶりんさん、 みぞんさん 今週の土曜あたり 是非撮影にきませんか?

目黒川の水面に写る桜は 綺麗よ~~happy01

Dsc_4963

Dsc_4965   Dsc_4966

        

| | コメント (10)

渋谷界隈 桜の見所案内

2008年3月23日 東京では昨日桜の開花宣言が発表されましたねcherryblossomcherryblossom

それで 私も自宅から近場の桜を探索してきました♪♪

そしたら 結構 もう咲いているではないですか!!!

まず いつも通っている「明治通り」の バス停前bus

Dsc_4978 Dsc_4989

Dsc_4987

会社の前の 山桜

Dsc_5003

        会社のビルをバックに撮った山さくらです。

          Dsc_5007

会社の前にある 金王神社前 (電線が邪魔ですが・・・danger

       Dsc_4995

続く~~~!

| | コメント (5)

2008年3月21日 (金)

日暮れの梅林

           Dsc_4912_2

Dsc_4915

   

| | コメント (8)

2008年3月20日 (木)

のどかな語らい

Dsc_45581

Dsc_45701   

| | コメント (14)

2008年3月19日 (水)

ほんわかと

ピンクの梅はまた一段と可愛いです。 こんな梅をみていると昼寝がした~い♪

背景もできるだけピンクにこだわってみました。

Dsc_4501

Dsc_4505

           

      

          

Dsc_45021   

| | コメント (8)

2008年3月18日 (火)

咲き誇って

Dsc_4438_2

Dsc_4480

Dsc_45961   

 

Dsc_4577 

| | コメント (8)

2008年3月17日 (月)

春の微笑み

Dsc_45811

Dsc_4589

 同じ花だけど 水色のバックになると また違った微笑みに見えてきませんか?

     Dsc_4590 

| | コメント (15)

2008年3月14日 (金)

憧れの2034へー帰り道

R0013673_2

        

一泊ですと 帰りはもう昼前にバスに乗って松本へ出発ですbus

さよなら 王ヶ頭weep  また来年と言わず 夏には来たいな~~~shine

ここからは 動いているバスの中から撮ったものですclub

R0013732

霧氷ツアーだと このあたりで撮影なのかもsnowhappy01

R0013736

R00137372

  ついに雪山とさようならです。

来週からは春をいっぱいお届けしますねcherryblossom

| | コメント (14)

2008年3月13日 (木)

憧れの2034へー雪の風紋

Dsc_3879

Dsc_3892_2

Dsc_3893

Dsc_3901

        

| | コメント (10)

2008年3月12日 (水)

憧れの2034へーぐるっと雪山

王ヶ頭からは 天気になると 何処からでも雪山が見えます。

まず 南館のお部屋から

fuji富士山もみえます

      R0013655

R0013667

お部屋には大きな長いコタツがあり 手前に布団を敷いてくれるので とっても広くて

ゆったりと出来ました。

夕日を撮ったポイントは もうカメラを構えている人がいますね。

        Dsc_38511

        Dsc_3861

夕昏には 街の明かりが見えた松本市街が眼下に見えました。

Dsc_3864 

Dsc_3833

そろそろ 王ヶ頭の写真にも 飽きてくるころかもですが

今週いっぱいお付き合いよろしくおねがいします。

だって~~折角沢山撮ってきたんだもんねcoldsweats01

| | コメント (6)

2008年3月11日 (火)

憧れの2034へー山で遊ぶ

このホテルはお客様を退屈させないように 色々なイベントが盛り沢山ですnotes

まず夜は 4Fの小さなホールで王ヶ頭の四季をスライドで見せてくれます。

写真を撮りたい人の為に ・・・

① ホテルから車で15分くらいの 霧氷撮影ポイントにバスで行ってくれるツアー

  (2時間半後に バスで迎えに来てくれます)

カメラ趣味とは 関係なく雪山を楽しみたい人には・・・

② 美ヶ原高原まで 雪上車体験ツアー

③ スノーシューで 雪上散歩ツアー

私は霧氷ツアーに参加したかったのですが 朝からの疲れがピークになり

おまけにホテルから 霧氷は今朝溶けて無いようですというアナウンスで

結局 不参加でした。

朝食後は ちょっと休んで 11時半まで(帰りのバスの時間)ホテルの周りをお散歩です。

やっぱり もう一泊したかったですねspasnow

雪上車☆☆ ・・・・これは南極観測隊から譲ってもらったそうです。

Dsc_3811

これは なにかな?

Dsc_3761 Dsc_3762

        スノーシューに使います。

        Dsc_38841

私が朝日を撮った玄関前が写っています。

        Dsc_3933

連なる山々が見えました

Dsc_3945 

| | コメント (10)

2008年3月10日 (月)

憧れの2034へー光アート

朝日が昇ったので 外の撮影を終えて ホテルの玄関に戻ると

すぐ横にある靴箱の上の窓ガラスを撮影している人 発見sign02

あ~~そうだflair  ホテルの人が窓ガラスの氷アートを見ると綺麗と

昨夜説明していたんだった!と 思い出して 急ぎマクロレンズに取り替えて

撮ってみました。 

本当は朝日が当たった瞬間が一番綺麗だそうなので 私みたいに外で

朝日を撮ってからではもう 遅いのだとか・・・ でも なんとか撮ってみましたがshine

Dsc_3730

Dsc_3731

Dsc_3736   

| | コメント (9)

2008年3月 7日 (金)

憧れの2034へー思案の暁

朝日が出てくるまでは 空の色がドンドン変化してきて 山の姿も

はっきりと見え始め とても綺麗でした が! 三脚にセットしたカメラの

ピントを何処にするかで 難しく シャッターがおりませんwobbly

隣で 手持ちで夜の撮影をしている人がいて 私が困っていると

レンズとかを見てくれて色々と直してくれました。 シャッターは下りるようには

なったけど 後で見るとかなりボケボケでした。

やっぱり自分で勉強しないと いけませんねsign01

いろいろと 考えたりカメラをいじくったりしながら 撮った夜明け前の暁です

    Dsc_3561_2

ホテル玄関の正面ばかりみていると 右方向に富士山が見えました!

Dsc_3607

目の前に見える美ヶ原高原の鐘の塔☆☆

Dsc_3637

        ふと周りを見るとあたりは カメラマンがいっぱい!

      

        Dsc_3611

Dsc_3674

そして 日の出ですsun

Dsc_3705

続く~♪ (来週もまた 王ヶ頭の写真にお付き合いよろしくお願いします)

| | コメント (13)

2008年3月 6日 (木)

憧れの2034へー星に願いを

夕日を撮って部屋に戻ると ちょうど夕食の時間になりました。

ちょっと疲れていたのか 食事の写真を撮り忘れてしまいましたrestauranthappy02

レストランはスタッフの笑顔が素敵でお料理も美味しかったですよbar

大浴場spaは 広くてゆったり ジャグジーもあって体がしっかり温まりましたsleepy

今夜は疲れたし、明日は朝日に挑戦するつもりなので 早く寝たのですが

寝坊したらどうしよう!と 心配で全然寝付けません。 

朝に弱い私ですgawk

なんか寝たのか寝てないのかわからないうちに 突然4時半に携帯が鳴りました。

みると ちょうど電源が切れた音でした。 すこし 早いけど・・と窓の外を眺めると

空は満天のお星様です。 キャー!! お星様撮りたい!

急いで防寒服に着替え 玄関に行きました。 外はまだ 真っ暗です☆

そこへ 浴衣姿の男性が 小さな懐中電灯をもって来たので? あ~懐中電灯!

これって ホテルで貸してくれるかしら?などど とんでもない事を聞く私でした。

その男性は 変なおばさんと 思ったでしょうが 親切にも あと10分くらいして

着替えてくるから その間これを貸してあげると言ってくれました。

私は玄関前の柵のあたりで写真を撮ってますと断わって さて 一番乗りで三脚を

構えました! 

そういえばここへ来る3日前にちょうど 写真教室で先生が星の写真を見せてくれて

その時これはバルブで30分とか15分とか話していて 私には?? です

帰り際に 写真教室で一緒のみぞんさんにバルブって機能は私のカメラにもあるでしょうか?と

聞いたくらい 全く知識がなかったのです!! 

それから帰って説明書だけは読んだんです!

それなのに たった二日後に 星の写真に挑戦なんて! そんな自分に笑えましたsmile

とりあえずチンプンカンブンの行き当たりばったりで 暗い中、設定をバルブにしたのですが

さ~ これからどうしたらいいのか? あれ?あれと言う感じでとった 初めての

星の写真です。 主人曰く これは ゴミじゃなくて星なんだよね?

      Dsc_3524

Dsc_3537

こちらは ちょっと宇宙大戦争でないけど なにか宇宙船襲来みたいでした!!

      Dsc_3538

もう お星様は 諦めて 朝日までの景色に挑戦ですが なかなか

ピントが上手くとれず シャッターが下りなくて 悪戦苦闘でした。 つづく~~!

| | コメント (16)

2008年3月 5日 (水)

憧れの2034へー夕日よ出て♪

霧が晴れないかな~と待っていると 突然晴れて 山の景色がパ~ット見え出したので

慌てて カメラを構えると あれ?? もうまた霧が~~crying というくらい早いスピードで

霧が動きます!

二回目で やっと一瞬に見えた夕日です~~scissors

Dsc_3394

それからは霧があたりを包んでしまったり、突然晴れたりとめまぐるしく変わります。

        Dsc_3439

      Dsc_3445

      Dsc_3408

そのうち 私の周りは 夕日を撮ろうと カメラを構えた人でいっぱいになりました!

隣はさっきバスで一緒だった大判カメラ協会の人らしく カメラがちょっと違いましたcamera

そんな上手そうな人に混じって へたっぴの私はちょっと恥ずかしく

おまけに みんなちゃんとカメラも防寒しているけど 私のカメラちゃんは

まるで 裸同然 ちょっと恥ずかしくなってしまいます。

霧が出たり晴れたりしながらも ついに夕日が落ちてしまいました。

       Dsc_3448

もうそろそろ ホテルに帰ろうかな~と思っていると 隣の人たちの会話が聞こえました。

A: 「去年はこれからまた霧が晴れたんだよね!」

B: 「そうそう 今年もまた晴れるかな?」と 

言っていたので 私も寒かったけど我慢して また霧が晴れるのを待っていると

今度は 遠くには槍ヶ岳や 雲海もチラッと見えたりしましたhappy01

Dsc_3462

  これで嬉しくなって寒さも飛んで 霧の中 じ~っと我慢していると

こんどは下の方に 松本市内の灯りも見えてきました。

Dsc_3475   

    こんなことで 写真に夢中になっていると あたりはドンドン暗くなり

       Dsc_3497

ふと 気がついて後を振り向くと 周りに沢山いた人が誰もいなくて 私一人だけでしたsign03

もう coldsweats02typhoon急に寂しくなって カメラを片付けてホテルに戻ったのですが

近くてもちょっとドキドキものです。

ホテルの玄関を見たときは嬉しかった~~~weep

       Dsc_3508

玄関前にある木の霧氷が 綺麗でした。

      Dsc_3512

| | コメント (10)

2008年3月 4日 (火)

憧れの2034へ-バスに乗って

さて いよいよバスbusに乗って出発です。 

なんと山の上には このホテル専用の四輪駆動マイクロバスでないと登れません!

ホテルの人に 体調の悪い人 具合が悪くなりそうな人は来ないでくださいdanger

強く言われたのですが なぜかというと救急車が登って来れないからですsign03

このマイクロバスも 現在国内では生産中止なのでホテルで大事に使っているそうです。

この日は 連休だったので泊り客も多く バス5台でお迎えだそうですが、

半数は写真の趣味の人で、おまけにこの日は 大判写真協会の団体が

乗っていて 人よりも大きい荷物ばかりで バスの三分の一は荷物が乗りました。

それでも 駅前からバスに乗ってしまえばホテル入り口まで連れて行って

くれるので 本当にらくチンですsmile

      Dsc_3347

私が乗ったバスの運転手さんは ホテルのジージーらしく 話が面白くて

退屈しません。 まぁ 道が険しくなったら 話のマイクをはずして運転に専念すると

いいながら ず~っと話していて 落ちる時は全員一緒だから心配しなくて

いいよ~と言ったり♪ 時々道の横に現れる鹿を 教えてくれたりしました☆

約1時間くらい登ると ドンドン山の上になってきて 霧も出てきましたよ。

そして 広く木々が見える場所では 霧氷撮影をされている人が結構いました。

↓は バスの窓から撮った景色です。

    Dsc_3351

Dsc_3358

     Dsc_3361

やっとホテルに到着! お部屋からの景色も良さそうですが霧mistが~~~!

     Dsc_3366

とりあえずお部屋のお茶japaneseteaとお菓子cakeで一休みしてから もう4時を過ぎてしまったので

私は慌てて夕暮れの写真にチャレンジするために三脚を出し、防寒服に着替え、 

主人は風邪気味なのでゆっくりと展望風呂に浸かって 夕食まで一眠りすることに♪

    着替えて玄関に出ると 今まで霧氷を撮っていたらしい人が帰ってきました。

前日から宿泊している写真グループも 沢山いるようです!

    Dsc_3367

ホテルの人に夕日はどこから見えますか?と聞くとホテルの裏道を

3分くらい登った所ですということで さ~一人では心細いと思いつつ

出発です!!

と 玄関前の所で写真を構えている人がいました☆

あれ? こっちは東方向だよ! 何を撮っているのかな?

Dsc_3369

私はとりあえず ホテルの裏へ廻ってみましたが 人の足跡があっても

雪道なのでヅボヅボと足が入ってしまい歩き難いったらありません。

おまけに霧で先が全然見えなくて 3分と言われても5分くらい不安でした。

それでもやっと 夕日を狙っている人 発見shineflag すこしホットしました。

Dsc_3372

でも どっちが 本当にお日様が落ちる方向なのか??? 霧でなんもみえません。

さて ここが どこか分かりましたか?

ここは 美ヶ原高原の山の頂上 標高2034メートル「王ヶ頭」山頂です。

ホテルは 王ヶ頭ホテルです。 

夕日はさて 撮れたでしょうかsign02 続く・・・

| | コメント (12)

2008年3月 3日 (月)

憧れの2034へー松本から

いよいよ 春も近づく 3月になりましたねtulipdiamond

今日はひな祭りですcakecrown

でもこちらでは また雪山の写真にお付き合いくださいませsnow

**前から行きたいと思っていた 雪山へ行ってきました**

と言っても 歩くのではなくて そこは 松本からバスで1時間ちょっとの所です。

松本駅に昼過ぎに着き バスが発車する時間(2:15)まで まだ1時間半ありました。

この待ち時間を無駄にしたくないので荷物をロッカーに預け 駅から比較的近い観光名所の

松本城を見に行く事に♪ 

今日はとりあえず 松本城ですflair 

Dsc_3293

桜が咲く季節はまた違っているでしょうね。 cherryblossomの代わりに雪がsnow

      Dsc_33261

お城の南側は 暖かい陽射しのおかげで雪が溶けていました!

Dsc_3332

時間がないので 中には入らず お堀の外を散歩しました。

| | コメント (8)

« 2008年2月 | トップページ | 2008年4月 »