« 女の神展望台 | トップページ | 華やぎの神宮外苑 »

2007年12月 2日 (日)

お母さんと一緒♪

Dsc_7896

ここは7月に訪れたゆり園です。 あの鹿が並んでいました!

今はスキー場の準備でなにもなく 貯水池があるだけでしたが

結構きれいでしたよ。

Dsc_78981

      Dsc_7909

|

« 女の神展望台 | トップページ | 華やぎの神宮外苑 »

蓼科」カテゴリの記事

コメント

こんばんは、悠斗です。
いつもコメントありがとうございます。
忙しくてなかなかお邪魔できずすいません(^^ゞ
ピンパンさん、一段と構図の切り取り方に磨きが
かかっているような!!
ドキッとしました。3枚目の水面に映る木々と
手前のススキとの対比に~~(*^。^*)
最初のシカや落ち葉も素敵なアクセントになっていて
ホントに素晴らしい画ばかりですね~
良いものはどんどん盗まないとw( ..)φメモメモ
って僕にはなかなかマネできないのですが(汗)
でもすっごく勉強になりますvv

投稿: 悠斗 | 2007年12月 2日 (日) 02:01

鹿の親子、楽しそうに日向ぼっこして気持ちよさそう~!適度な落葉の絨毯もいい秋景色ですね。バンビちゃんがもうちょっとだけ前にいると親の足と分離してかっこよかったと思います。

この時間、対岸の紅葉に光が綺麗に入っていますね!しかも風もそんなになさそうなので、映りこみも結構はっきりしてます。この引きで撮った2枚の写真も池の雰囲気が良く出ていい感じですね~。また対岸のポイントがかなり綺麗に見えますが、望遠でそこだけのもあるでしょう~?でもちょっと望遠でも遠そうですが。。。

マイケルはスリラーのリメイクCD出すらしいですね!当然入手予定ですよね~!!

投稿: みぞん | 2007年12月 2日 (日) 07:22

小春日和の秋の日に
親子で秋色の芝生をお散歩
対岸の水辺の小さな赤も可愛くて和めます。
映り込んだ秋色がより「秋」の色合いを深めてますよね。
優雅なすすきもいいな~~!!

投稿: vanigon | 2007年12月 2日 (日) 09:01

1枚目は、絵本の写真のようですね☆
お伽の国みたいです●~*
映り込みが散っても綺麗です☆
ああ!例のあの鹿だね♪

投稿: ぶりん | 2007年12月 2日 (日) 21:05

悠斗さんへ>
いつもお忙しいようですがまた来ていただき
ありがとうございます。
そして とっても気に入っていただけると
すごくうれしいし、励みになりますね☆☆
私は最近風景写真の綺麗な本をみて、素晴らしい
写りこみの写真に惹かれ なんでもかんでも
映り込みがあると カメラを向けてしまいます。
ちょうど光りがさして いい時間でした♪♪

投稿: ピンパン | 2007年12月 2日 (日) 21:54

みぞんさんへ>
紅葉の映り込みがホント綺麗だったのですが・・
それがないんですよ!!<望遠でそこだけのもあるでしょう
鹿さんも人工なら この池も貯水池のようなもので 一番赤の色が綺麗なところが コンクリートで
しっかり覆われているようで 望遠でみると
がっかりしてしまったんですね。
なんでも一応撮っておけばよかったけどもう
手前の鹿に目が行ってしまったんですよ。

ところで スリラーリメイクCDの件 良く知っていますね(驚!)
来年2月8日あたりらしいけど 日本発売は未定です。
スリラーがリリースされてちょうど25年の記念と
全世界で1億枚以上売れた記念だそうです。
でも 私達コアなファンはスリラーアルバムだけでどんだけ~~!というほど持っているので
もう 全部新曲のアルバムを熱く熱く待っているのでした~~♪♪

投稿: ピンパン | 2007年12月 2日 (日) 22:00

vanigonさんへ>
ここにちょっと立ち寄ってみたらこんなに
可愛い鹿がそこここに置いてありました。
誰もいなくって こんなに素敵な場所なのに
もったいないな~と思ったよ。
ススキが光っていて 池の写りこみも
綺麗だったけど 風が結構あって
ススキさん止まってと念じながら撮りました!

投稿: ピンパン | 2007年12月 2日 (日) 22:04

ぶりんさんへ>
そうそう あの時売り出していた鹿さん達です。
きっと 売れなかったのね・・・
池の入り口とか あちこちに無造作に置いて
ありましたよ。
それが なんか動き出しそうで絵本にしたら
お話が作れそうですね♪♪
冬はきっとスキー場の入り口に立って
いるのかもです。

投稿: ピンパン | 2007年12月 2日 (日) 22:06

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 女の神展望台 | トップページ | 華やぎの神宮外苑 »