« 楽笑京都旅ー八瀬比叡山口夕景 | トップページ | 楽笑京都旅ー蓮花寺畏敬 »

2007年12月24日 (月)

楽笑京都旅ー煌きの夜

.:*:'☆':*:.Merry Christmas!。.:*:':*:'

今日はクリスマスイブですね。

八瀬のホテルは イルミネーションが綺麗でした。

R00132212

R0013217

  R0013222

ホテルでは 最初の日はやっぱり京都なので 和食を選びましたが

二日目は イタリアンでした。 

(和食の写真は照明が暗くて撮れず・・トホホ・・こちらも美味しかったです・・)

レストランに急ぐ途中で見かけた中庭からの景色です。

お部屋でぐずぐずしていたので予約時間を過ぎていたのに

ここで撮影モードに入ってしまい余計に遅刻~~~~!!!

レストランは 下の写真のイルミネーションが見える1Fにあります☆ 

         R0013280

私は久しぶりの友人達との再会で とても楽しかったので久しぶりに

シャンペンを頂きました。

               R0013236

食事の写真はあまり上手くは撮れなかったので 美味しく見えないかもですが

本物はものすごく美味しくって 京野菜もふんだんに使われていましたよ。

R0013238 R0013239

ワインとかと一緒に頂くように?最初にちょっとおつまみ風のものが ありましたが

アット言うまもなく口へ~写真を撮る時はたった2粒だけ残ってました~(笑)

R00132411 R00132481

寒ブリのグリルに辛味大根 カラスミ添え
京人参のジュレに真タコのスモークと野菜のコンポート

ブロッコリーとクルミで和えたスパゲティーニ
パンチェッタの香り

R00132501 R00132521 R00132591

(2種類のパンと)

塩漬けタラにトマト、オニオン、じゃがいもと干し葡萄入りココット焼き

プラチナポークのロースト ドライフルーツ添え
アマローネソース

以上 ホテルのメニューをそのまま書き写しました☆☆

↓はティーポットが京都風味♪♪ パティシエオリジナルドルチェと 紅茶

R0013262 R00132651

|

« 楽笑京都旅ー八瀬比叡山口夕景 | トップページ | 楽笑京都旅ー蓮花寺畏敬 »

京都」カテゴリの記事

コメント

まさに煌きの夕景ですね~!さすがホテルらしい
イルミです。1枚目は水中のランプが目を引きますが、
ここも噴水とかのライトアップがされるんですか?
日が沈んだ後のブルーモーメントとイルミがとっても
マッチして暗くなるまで見てたくなりますね~!
ホテルのレストランもさすがムーディ!(笑)
しかし女性の方(だけ?)は食事の写真を撮るのが好きですね~!
(私は一度も撮ったことがありませぬ~(^^;;;)

投稿: みぞん | 2007年12月24日 (月) 07:59

実際以上に綺麗なイルミネーション!
とっても奥に広がりがあるね~~♪
綺麗だわ~~♪♪
寒かったね~外(笑)
イタリアンのレストランは思う以上に暗かったね。
あ~~!そうそう、こんなお料理でした♪
あれ?でもパンの横にあるお料理。。私食べてないような?。。((笑))

みぞんさん>しかし女性の方(だけ?)は食事の
写真を撮るのが好きですね~!

料理を記憶に留めておきたい、女の本能のようなものでしょうか?
普段はオシャベリに夢中で写真など写さない友人達も「パチパチ」と
携帯で写してました。これが女です(笑)

投稿: vanigon | 2007年12月24日 (月) 09:31

>携帯で写してました。これが女です
なるほど!確かに主婦の皆さんにとって、
食は最も身近なことですもんね!納得です!

投稿: みぞん | 2007年12月24日 (月) 09:54

みぞんさんへ>
まさか夕昏時がこんなにきれいだとは
知らなくって もっと見ていたかったです!
食事の予約時間がかなり過ぎていたので
皆をそんなに待たせる訳には いかなくって
それでも粘って撮りました~♪
時間があれば もっと左側によって
全体を撮りたかったかも~・・とか・・
噴水とかのイルミネーションはなくって
池の中のライトの色がブルーとかに
変わったりしたかも~☆
3枚だしたけど どれがいいか(一長一短)で
選びきれず みぞんさんが選ぶとしたら
どれがいいですか?やっぱり どれも・・かな~?
主婦は自分で作らないで食べられる食事って
だけでも感動なんですが またこんな旅先での
豪華な夕食なら 尚更撮っておきたくなるんですね。 

投稿: ピンパン | 2007年12月24日 (月) 11:25

vanigonさんへ>
皆急いでオシャレして さ~レストラン♪と
歩いていたら見事な夕暮れとイルミネーションに
思わず外に飛び出しちゃったね!
でも この時間の八瀬は寒かったわ~☆
パンの横にあるっていうのは黒いお皿に
刷毛目の模様があるのでしょう~!
これは黒と白のお皿があって 私は黒だった
けど vaniさんのは確か白いお皿に黒の刷毛目の
模様でしたよ~♪

投稿: ピンパン | 2007年12月24日 (月) 11:31

>どれがいいですか?やっぱり どれも・・かな~?
ピンパンさんはどれでしょう?(笑)
たぶん自分で答えを出されてるので分かってると思いますが(^^;;;
ストレートに言うと夕陽とイルミ両方を狙ってる、広角の画角の広さで
収めようとしているので、ちょっとまとまらないなぁという感じはします。
まぁこれが撮らされるという事なんですが、
これも経験!何回もこういう経験をしなければ
なりません(^^;;; 次回に生かしてください!
※広角は手ごわいですよ~!

投稿: みぞん | 2007年12月24日 (月) 13:56

時間ができたので少しコメントを追加しますね。いらないな
んて言わんといてね~!

1~3枚は日没後でブルーが凄く綺麗ですよね!なのでピンパ
ンさんも気に入ってるんだと思うんですが、どうも写真から
はグッとその時の感動が伝わってこない、と感じてるんだと
思うんです。それが一長一短という言葉で表されてます。

なぜか?広角で広い景色を撮ってるんですがポイントがない
んですよ。だから見る人は色は綺麗だな~と思いますが、ポ
イントがないしさらに広角で画角も広いし視線が泳いで、結
局印象に残らないんです。

この現場を見てないのでできるか分かりませんが、イルミの
1本だけを真ん中にデ~ンと置いて、その背景にブルーの空
を画面いっぱいに配置してやれば、もっと効果的だったかも
しれません。その場合、アングルによっては最悪オレンジか
ら青へのグラデーションは捨てて青のグラデーションだけは
確保します。

「風景写真」1/2月号のP168に広角のいい写真が載っていま
す。雲と空の色が素晴らしいですが、この写真も鳥居がなけ
ればきっとつまらないでしょう。雲だけではポイントとして
成立しにくいですからね。この写真を見る人は、まず鳥居に
目がいき、その後白い雲に惹かれるように視線が上へ移動し、
雲の流れと共に視線は奥へ奥へと誘導されます。視線は泳が
ないし、見ている時間も長く、なので印象に残ります。

撮るときは「主役:一番見せたいもの」、「脇役:主役をよ
り引き立てるもの」、「主題:その写真から何を表現したか
ったのか」を、自分の中で整理してみてください。(なかな
か現場では猶予がないんですが(笑))

あと人の写真を見る時もそういう見方をしてみてください。
人の写真を見てきちんと読み取れるようになると、自分の写
真力はめちゃくちゃ向上します。人の写真や自分の写真を見
ることが如何に大事か、よく分かると思います。

今回の写真はあまり時間もないなかで撮られてるので仕方な
いと思いますが、やはり作品レベルを狙うのであれば、上記
のことを意識してみてください。頑張ってぇ!!

投稿: みぞん | 2007年12月24日 (月) 18:48

たらいまぁ~~☆
素敵なイルミネーションと美味しそうなお料理・・・♪
私は、1枚目が好きです。
水に映った光も素敵ですが、何処までもずぅぅぅ~~っと続いている感じが好き!

投稿: ぶりん | 2007年12月24日 (月) 21:05

みぞんさんへ>
私もこの夕景の景色があまりに綺麗で
気に入っているのに 写真はどうも
今ひとつ気に入らないし なんでだろう?と
感じていることを的確に教えていただき
ありがとうございます。
そうですね。 いつもあれもこれもと
一杯画面に入れたくなる欲張り根性が
でちゃいます~~~☆☆
いつもなるほど~と思える分かりやすい
説明に 感心していますよ!
やっぱり凄い!!
「風景写真」1・2月号は昨日届いたので
見ていたのですが あの鳥居の写真素敵でした。
それも みぞんさんがおしゃっているエントリー
部門のエンジョイクラスなので もう
驚きですね。 なんかエンジョイクラスといえど
どの写真もハイレベルな感じで ビビってます
・・
今月号は私が今年の夏に行った那智大社の
大門坂もあり 懐かしさと写真のすばらしさに
こういう風に撮りたいなと じーっと
みてしまいましたよ!!

投稿: ピンパン | 2007年12月24日 (月) 21:12

ぶりんさんへ>
おかえりなさ~い☆☆
私もねプールの線と空の雲の線がなぜか
対称になっているところは 好きです。
青い夕昏というのも 大好きなの。
渋谷で見てもどうしてもビルにさえぎられちゃって
こうやってさえぎる物がないだけで
ココへ来てよかった~と思えちゃいました。

投稿: ピンパン | 2007年12月24日 (月) 21:23

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 楽笑京都旅ー八瀬比叡山口夕景 | トップページ | 楽笑京都旅ー蓮花寺畏敬 »