« 楽笑京都旅ー花彩(実光院から) | トップページ | 楽笑京都旅ー鞍馬の天狗 »

2007年12月28日 (金)

楽笑京都旅ー宝泉院ゴヨウマツ

宝泉院はゴヨウマツが有名だそうで、こちらも大原にある小さなお寺さんです☆

また抹茶とお菓子を頂きました~♪

Dsc_9252          大きな松なので 写真に入りきりません。

         こちらが上の部分ですね。

         Dsc_9240

          

Dsc_9253 

Dsc_9258

          さてこの二人は何をしているのでしょうか?

         Dsc_9259

         Dsc_9266

これは下に水琴窟があり カランコロンと澄んだ音色が聞こえます♪♪

Dsc_9267 Dsc_9261

  

       濡紅葉

      Dsc_9243

何気に庭の砂が赤いような気がしました。

Dsc_9263

         Dsc_9270

このお寺では 靴が見あたらな~イ!!というハプニングあり☆

しかし そんな事も 驚かない私達☆ どうにか靴も見つかってさてそろそろお昼です。

どうりで お腹が空いてきたわ~~♪

Dsc_9295_2

この日は朝9時から 3時間コースでタクシーを頼み この時間内で出来るだけ大原を

沢山連れて行ってもらおうと 節約上手?の私達はお店で休む事もなく お寺を色々と

廻りましたがそろそろ3時間が経ってしまいました。

 それで 最後は帰りの電車にすぐ乗れる鞍馬までタクシーで連れて行ってもらい

そこで追加料金も含めて清算することになりました。

次回は鞍馬で~す!!

このブログ・・・今年中に京都終わるかな~?

最後はちょっと急ぎ足で 写真もドンドン適当に進みます。

|

« 楽笑京都旅ー花彩(実光院から) | トップページ | 楽笑京都旅ー鞍馬の天狗 »

京都」カテゴリの記事

コメント

ゴヨウマツ、すっごいでかいですね~、びっくり。
調べると根回りは4.25mとか。りっぱな大樹で写真からも
その迫力が伝わってくるようです。
水や庭に落ちたもみじも京都の庭にはほどよい
アクセントを与えてくれて綺麗ですね。
雨で濡れてるのもしっとりしていい感じ!
最後のもみじを見ると、さすがにこの時期に見る落葉は
しわしわですね(^^;;; いよいよ本格的な冬の到来ですね。

投稿: みぞん | 2007年12月28日 (金) 07:16

みぞんさんへ>
ゴヨウマツはでか過ぎ!で どう撮っていいか
困りましたよ~!
でも迫力が伝わってもらえたようでよかったです。
京都は晴れよりも雨が似合うのかもです。
「京都の雨」という歌ありますね。
でも 京都では時雨というのでしょうか?
程よいおしめりが 苔とか紅葉を育てて
くれるんですね。
京都も今頃は年末の準備でどんな風景になって
いるか 気になるところです☆☆

投稿: ピンパン | 2007年12月28日 (金) 10:35

五葉の松は以前ぶりんさんのブログで拝見して
あまりの立派な松に感心して覚えていたので
「出会えた~!」って思いました。
ぶりんさんの足跡をたどってるような
私たちの旅でしたね♪
年末の慌しさに追われる昨今。。
京都を振り返り懐かしく思います
ありがとうピンパンさん♪

投稿: vanigon | 2007年12月28日 (金) 12:06

いやぁぁぁ~!
私も去年を思い出して楽しませてもらってますよ☆
ここが、ホンとの額縁庭園で有名な所ですね。
人気がなく静かなしっとりとした雰囲気が伝わってきますね。
水琴窟の音色の優しかったこと!
2枚目の写真、この松を入り口から見たら「富士山」の形をしてたでしょう。
水に濡れたもみじを、上手く撮ってますね。
京都の雰囲気がバッチリ!

投稿: ぶりん | 2007年12月28日 (金) 17:03

vanigonさんへ>
そうそう 始めはぶりんさんの京都旅が
きっかけでこの時期に決めたので是が日にでも
大原には 来たかった場所ですね。
年末の忙しい時期 もう止められなくって
ブログも旅を続けています~~(笑)
それにしてもまだ3日目の話なんだけど~~!!
お正月はブログもゆっくりしよっと☆☆

投稿: ピンパン | 2007年12月28日 (金) 22:18

ぶりんさんへ>
このあたりのお寺はどれも 額縁庭園という
雰囲気で見ごたえありましたよ。
これもぶりんさんのブログのおかげでした~☆
ちょうどここに来たのがお昼ぐらいで
ぼちぼち 人が増え始めていたんですが
午前中に廻ってほんとゆっくり出来ました。
ゴヨウマツの形が富士山?
そういえば そうかも~~!
ちょうど雨が降り始めてきたので
外からの景色をあまり撮ってなくって
今思うと残念だったよ☆☆
でも ほんとにこの大きな松を手入れして
保存するって大変だろうな~と思います。

投稿: ピンパン | 2007年12月28日 (金) 22:29

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 楽笑京都旅ー花彩(実光院から) | トップページ | 楽笑京都旅ー鞍馬の天狗 »