« 釈尊寺の帰り道 | トップページ | 女の神展望台 »

2007年11月30日 (金)

秋色表参道

R00128411

左に見えるのは表参道ヒルズです。 青山通りに向かって写しています。

こちらは 原宿駅方向を向いて写しました。 (歩道橋の上から撮影)

R0012842

こちらの左側にみえるのは おもちゃ屋の「キディランド」です☆

R0012846

 原宿交番の屋根も秋一色♪♪

            R0012865

R0012868

落ち葉の歩道も ちょっと雰囲気ありますね。

          R00128331

|

« 釈尊寺の帰り道 | トップページ | 女の神展望台 »

渋谷あれこれ」カテゴリの記事

コメント

うわ~艶やかですね! まさに秋爛漫!! 街並みの綺麗さがさらに紅葉で際立ちますね~。ここは今は紅葉、次はイルミネーションと華やか街ですね。

新宿も毎日通る道の木はすっかり紅葉して楽しませてくれます。赤茶色、黄色、緑が混ざった様はかなり美しいです。通勤時のちょっとした楽しみです。

投稿: みぞん | 2007年11月30日 (金) 07:34

並木が綺麗な色になってきましたね☆
歩道橋の上から、ピンパンさんが一生懸命撮ってる姿が目に浮かびます(^・^)
やっぱり車が多いですね。
最近行ってないので、又行ってみたくなりました♪
1枚目の、駐車している車のまわりに紅葉した葉っぱが落ちてる感じってすきだわぁ~\(^o^)/

投稿: ぶりん | 2007年11月30日 (金) 09:06

ローカル人間の私には
この車の行列だけでどっと疲れそう(笑)
人の歩いてる姿はいつも心惹かれます♪
どこに行くのかな?とか
自然の移り変わりに自然に溶け込む人々♪
秋色の空間は迫りくる年の瀬も感じてしまいますね

投稿: vanigon | 2007年11月30日 (金) 09:31

みぞんさんへ>
たまたま近くの耳鼻科に行ったので ついでに
表参道をのぞいたら こんなに紅葉していました。
渋谷でも ここは広くって歩道も整備されていて
歩くのも楽しいですよね。
去年 ここのイルミネーションを撮ったのですが
木に電球をつけると木が傷むからという
配慮で 歩道に電気の塔みたいなのを 建てたけど これは あまり ぱっとしてなかったです。
でも 木にとっては嬉しい配慮ですよね。

投稿: ピンパン | 2007年11月30日 (金) 09:43

ぶりんさんへ>
ちょうど 夕方だったので 特に車が
多かったかもですが 東京はやっぱり
どこも 車多いですね。
歩道の落ち葉も 素敵でしょう~
この写真も撮ったけどどうしても 大きな
バンの車が邪魔してしまうのですが 
ちょっと 見てもらおうかしら? 小さく
アップしてみますね。 歩道に広がる
落ち葉って ちょっと楽しいですよね。
掃除する人は大変だけど☆☆


投稿: ピンパン | 2007年11月30日 (金) 09:50

vanigonさんへ>
夕昏がたちこめた表参道はちょっと
綺麗でした。 車も多いけど ヘッドランプが
光り初めてちょっとしたイルミネーションか?
それにしても 平日の夕方なのに こんなに
人が歩いているんだな~と感心してしまいます。
ここは 表参道なので 車が多いけど
ちょっと裏通りに入ると裏原宿と言われる
路地裏が続き 歩きやすいです。
でも 人が多いから 疲れるかな~♪
明日から12月 いよいよ 年の瀬に向けて
忙しくなりますね。

投稿: ピンパン | 2007年11月30日 (金) 09:58

ホント、落ち葉って素敵!
絵になりますね☆
それぞれの写真がピシッとピントがあってて、気持ちが良いですね♪
手持ちですか?
キャノンは、手振れ防止が付いてますが、私のニコンには、ついてないので、
今一、ビシッと撮れない気がします(+o+)
ピンパンさんは綺麗に撮ってるね☆☆☆

投稿: ぶりん | 2007年11月30日 (金) 22:35

ぶりんさんへ>
最近は落ち葉も気になって お互い
シャッター押すことも増えましたね☆
この時は耳鼻科に行ったついでに撮ったので
バックに気楽に入れているリコーの
コンパクトデジカメで撮りましたよ~♪
色々と設定しやすいカメラだし、
プログラムオートで適当なピントで撮ったんだよ!
私 昔は簡単なフイルムカメラで撮っていたんだけど 
デジカメにしたら 遠くも近くもピントが
合っていて 驚いた事あります。
コンパクトデジカメって 全体にピントが
あうみたいなんですよ!!!

投稿: ピンパン | 2007年11月30日 (金) 22:53

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 釈尊寺の帰り道 | トップページ | 女の神展望台 »