« 2007年9月 | トップページ | 2007年11月 »

2007年10月25日 (木)

お似合いはどれ?

まだまだ 大王わさび農場で~す♪ 

いろんなコラボレーションで撮ってみました☆

鷹?トンビ?と

Dsc_6433_3

北アルプスの山々と

R00123622

ワサビ田を見つめるコスモスと

Dsc_64771

松も似合う?

Dsc_64641

| | コメント (6)

2007年10月24日 (水)

大王わさび農場

時々私のブログにもコメントを書いてくださる悠斗さんのブログ(colors~未知の彩)で

何回かご紹介されていた「大王わさび農場」へ

是非一度行って見たいと思い 栂池自然園の翌日に寄って見ました。

この前の記事の「水車のある村」が入り口そばにあります。

また 広い広いワサビ畑も 気持ちがいいですよ。

なんといっても素晴らしいのは こんな素敵な場所が入場無料で誰でも

中を散策できるところです!!

R00123551

Dsc_6418

湧水池

R0012360

ここで やはりソフトクリームが魅力的でした。

Dsc_6428

     本わさびソフトクリームです♪ そんなにピリっと辛くなかったよ☆

              R00123652

こんな面白いオブジェもありますよ☆☆

R0012368

☆☆ おまけ ☆☆

残したい風景に 最近はこんな案内ボートが出ています。

ちょっと乗ってみたかったです。 漕ぐ練習もするみたいで

楽しそうでした。

Dsc_6502

なんかディズニーランドのジャングルクルーズみたいですね。

Dsc_6521

| | コメント (14)

2007年10月23日 (火)

水車のある村

Dsc_6415_5

Img_0840_2

Dsc_6527_2

ここは 安曇野にある 大王わさび農場の中です。

この原風景 いつまでもあってほしいですね。

Dsc_6530_2

| | コメント (8)

2007年10月22日 (月)

蒼空高く

Dsc_6539

Dsc_6540

Dsc_6553

Dsc_6550

栂池自然園の帰り 長野自動車道の「姥捨サービスエリア」にて

| | コメント (10)

2007年10月18日 (木)

スターライト

Dsc_6201

Dsc_6189

Dsc_6190

ちょっとモノクロにして見ましたが~☆

R0012228

ここもBARAKURA イングリッシュガーデンの中です。

英国のハーベストフェスティバルの準備でした。

R00122191

| | コメント (8)

2007年10月17日 (水)

収穫祭イブ

R0012231

Dsc_6161

R0012235

R0012241

R0012247

| | コメント (7)

2007年10月16日 (火)

マクロのつづき~♪

とりあえず 初めてのマクロレンズでは撮りまくりました~!!

ちょうど ダリアがとっても綺麗でした☆☆

Dsc_6094

Dsc_6099

Dsc_6098

葉の裏に小さな虫も発見!!!

Dsc_6089

こちらにも☆

Dsc_6067

この花は 何かな?

Dsc_6121

そして ちょうどお腹が減り始めた頃に こんなに美味しそうなパイを発見☆☆

Dsc_6208

| | コメント (14)

2007年10月15日 (月)

ついにマクロ

レンズを買ってしまいました!!!

これが 最初の試し撮りです。 昨日の写真の公園内で 夕方4時を過ぎて

日がドンドン傾きかけ暗くなって来たので 慌てて 撮りました!

やっぱり 慣れないレンズは難しいです☆☆

Dsc_6061

Dsc_6072

Dsc_6074

Dsc_6090

Dsc_6095

| | コメント (12)

2007年10月14日 (日)

シークレットガーデン

R00121461

R0012181

      R0012128_2

R00121411   

      Dsc_6196

| | コメント (7)

2007年10月11日 (木)

栂池自然園を散策しよう!

さて 栂池自然園を周って見ましょう☆☆

全体の地図はこうなっています!

Dsc_62291

入り口で さて右に行くか?左にいくか?どっちから周っても

いいですね。

最初に目に入るのは ミズバショウ湿原です。 6月はミズバショウが一杯

でした。 6月とは 雰囲気が全然変わります。写真1、 写真2

左に行くと・・・

Dsc_62481

右へ進むと・・・

Dsc_6359

この後 バリアフリー地域をぬけると ワタスゲ湿原に向かいます。

ここもかなり 歩きやすい木道です。

Dsc_62521

ワタスゲ湿原に来ると 見晴らしが一段と良くなります。

R00122751

いつもはここで 引き返します。

大体1時間~1時間半でまわる 軽い散策コースです。

今回は あまりの紅葉の美しさに もっと奥まで行く事にしました。

ここからは今までの平坦な木道ではなくて登山道になりました。

途中 三脚を立てたカメラマンも多いですし、朝早く登山したグループが

大人数で下山されていたりと 木道も結構混んでいました。

Dsc_6255

             Dsc_6279

約30分歩いて どうにか浮島湿原に到着

R0012282

そこから更に無謀にも 展望湿原まで行きたくなり 頑張ってみたのですが

途中 疲れがピークになって 膝ががくがくしてきたので 引き返しました。

Dsc_63181

Dsc_6315

普段の体力不足を感じましたね。 いつか 展望湿原まで行って見たいです。

でもここは 何時どんな時に行っても自然が一杯で感動しますよ!

| | コメント (7)

栂池自然園へ行こう!

ここに 行きたくなってきた人は 参考に?してね☆☆

ここは日帰りも出来ます。東京を6:25の新幹線にのり 長野に8:00着、

トレンタ君のレンタカーで 栂池高原へ(オリンピック道路を通ると約1時間で)いけます。

この日(10月6日)は9時に到着しましたが 駐車場はかなり満杯に近づいていました。

Dsc_6210

     さて 車を駐車場に置いて目の前のゴンドラ乗り場へ

          Dsc_6209

この日 天気予報は晴れなのに 麓はどんよりと曇っていて

上は霧なのか?と心配になりましたが 地元のおじさんがこれから

晴れてくるよ~と 教えてくれました。

ゴンドラキャピンに乗り、 次にロープーウェイに乗り換えます。

これは去年10月15日のゴンドラキャピンからの景色です。

この頃は 自然園の紅葉は終わりに近づき キャピンが運行している

中腹あたりが 紅葉していました。

20061015tugaike2

           200610

さて キャピンを降りて すぐ側のロープーウェイに乗り換えます。

これは↓ 今年のロープーウェイの写真です。 このあたりも

徐々に黄色くなってきていました。

Dsc_6379

終点の自然園の駅に到着して すこし歩くと 2軒のヒュッテ兼レストハウスが

見えてきます。 その向こうに自然園の入り口が!

ほんとあっという間に 標高1800mについてしまうのは凄いですね。

Dsc_6226

     ここで とりあえず 「おやき」を食べる人もいました。

Dsc_62271

 甘酒のサービスもありました     Dsc_62281

もちろん 最近はソフトクリームもありますね。

     R00123281

さて これから自然園に入ります。

最初のミズバショウ湿原あたりは バリアフリーの木道が整備されていて

車椅子の人や 乳母車で来た家族連れものんびり散策できます☆

Dsc_6230_2

続く~

| | コメント (6)

2007年10月10日 (水)

仙人気分

山から 雲を見下ろすと 仙人になったような気がしてきますね。

Dsc_6211

朝は雲海が見えました。(9時過ぎ 栂池ゴンドラキャピンの中からの景色です。

キャビンの窓が開かなかったので ちょっと汚いガラスを通して写したのですが

どうにか 反射せずに撮れたかしら?)

キャビンからロープーウェイに乗り継いで 終点の「自然園」駅からの景色です。

Dsc_6219

Dsc_6222

お昼過ぎの1時半頃には 青空が広がり雲の形も変わってきました。

Dsc_6369

昨日からカッコつけて 写真にブログのタイトルを入れてみたのですが 

これが結構面倒だったりして(爆)

| | コメント (7)

2007年10月 9日 (火)

秋燃え

2007年10月6日 栂池自然園の浮島湿原まで行きました☆

Dsc_6298

Dsc_6299

連休の初日だし、 ハイカー、カメラマン、登山者と沢山の人で一杯です。

Dsc_6322

ただいまです♪ 連休中は信州を旅してきました。

ちょっと前までは 毎日猛暑に悩まされていたのに 秋は確実にやって来てくれて

日本に生まれてよかった~!と 素晴らしい四季の移り変わりに出会え 感動して

しまいます。 

| | コメント (10)

2007年10月 5日 (金)

カモメの夕空

Kamome

Kamome21

カモメの姿も消えてしまいました。

Yuuhi   

明日と連休中はお休みします☆

| | コメント (8)

« 2007年9月 | トップページ | 2007年11月 »